FC2ブログ

行き場の無い若者達に、哀しさを感じる。

こんにちは、ハムちゃんです。

テレビで「若者行方不明、3万人」を観ました。

それぞれに、深い闇を持っていて、10代という本来なら、

家族に守られてる年代なのに、何故?と思ってしまいます。

ある日突然と姿を消す少女達に、一体何があったのだろうと、

ハムちゃんは思わずにいられないです。

中には、性被害に遭った少女もいるという、現実に、

同じ女性として、又、親として、哀しさと怒りを感じました。

次第に自己否定や自殺願望が出て来るのは、心が病んでる証拠だと思う。

親から帰ってくるなって言われて、行き場を無くした少女もいた。

彼女はどんなに傷ついただろうか?

一度言った言葉で心が壊れる事もある。

又、一度言った言葉は元の状態に戻せない事も、ハムちゃんは知っている。

それは親子の会話でも、夫婦の会話でも充分あり得ると思います。

ハムちゃんも、オットの言葉で、堰を切った様に心が病みました。

それから、何年もかかって一時的に良くなって、正社員として働いていた時、

社長からの執拗なパワハラと、慣れない仕事で、再発。

元々、従業員10人も居ない会社だったので、その社長さんは、

ストレス解消に、入社する人をターゲットにして、怒鳴りつける男性だったので、

要領の悪いハムちゃんは、正に格好の人間だった訳で。

ついに、ある昼休みに皆んなの前でポロポロ泣いて、そのまま退社することに。

だからこそ、思うんです、言葉は時には刃になる事もある。

失踪した少女達も、きっと親や先生、友達から鋭い刃の言葉で、

人間不信になんたっんだと、ハムちゃんは思うんです。

悲しことですよね。

ハムちゃんは過去に息子に一度だけ、「出て行け!」と言ったことがありました。

でも、息子は当時スマホを持ってなかったのと、

(母親が心の病気にかかっているから)だと、小学校低学年から認識してたから。

そして、いつ頃忘れたけど、ハムちゃんは真夜中に包丁を🔪持って、

息子にブツブツと言いながら、彷徨いて居たそうです。

息子もハムちゃんの気配に感じて、その恐怖はどれだけ怖かったんだろうなと。

そしてそのまま、夫婦の寝室に戻りオットに向かって包丁を、向けたそうです(T_T)

オットは反射的にハムちゃんの手を握り、包丁を取り上げました。

ハムちゃんは本当は、

(せめて最期に自殺する為に、家族の顔を見てから…)と思っていたのですが、

オットの反射的に手を捕まえられて、自殺未遂に終わったわけです。

理性と本能に戦いながら。

殺したい、殺したら駄目、死にたい、死にたく無いと言う感じで、

非常に不安定な精神状態だったので、

「だれか助けて!」

と、SOSを出してたのかな?と思ってます。

うろおぼえで、いつ頃だったのか?忘れたのですが。

失踪した少女達も、SOSを出しているんだろうなって思いました。

精神障害者、健常者でも、環境によって、変わるんだなぁと思いますが…

どうなんでしょうか?

番組を観て、考えさせられたハムちゃんでした。

読んでいただきありがとうございます。
↓ランキングに参加してます。よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

FC2USER094295GVS

Author:FC2USER094295GVS
専業主婦
O型
統合失調症歴数年
ジャンガリアンハムスター大好き人間です。



にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
見てくれた人